商品検索

加工

楽天ペイ

商品カテゴリ

職業別作業服

  • 運送・倉庫
  • 大工
  • 建設・土木
  • 製造・工場
  • 営業・イベント
  • 農作業
  • 鉄工・整備
  • ビルメンテ
  • 警備
  • 水産
…定休日

SSLとは?

【送料一覧】

  • 北海道 → 1,000円
  • 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島 → 650円
  • 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山 → 550円
  • 鳥取、島根、岡山、広島、山口 → 650円
  • 徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長野、熊本、大分、宮崎、鹿児島 → 700円
  • 沖縄 → 2,000円
トップページ > コラム > 作業服コラム|なかなか落ちない作業服の汚れをキレイに洗濯する方法

作業服コラム|なかなか落ちない作業服の汚れをキレイに洗濯する方法

コラム

なかなか落ちない作業服の汚れをキレイに洗濯する方法

作業服は毎日の仕事の中で、さまざまな汚れから私たちを守ってくれています。
しかし、その汚れは普通に洗剤を入れて洗濯機で回すだけではなかなか落ちてくれません。
汚れごとにキレイに洗濯するコツをご説明します。

染み付いた汗染みをキレイに洗濯するコツ

一生懸命働いた後に気になるのが頑張った分だけ染み付いてしまった汗染みです。
染み付いてしまった汗染みも洗濯機に入れて回すだけでは落ちてくれません。
染み付いた汗染みには固形の洗濯石鹸を使用して下洗いをしておくと効果的です。
固形の洗濯石鹸ですが、ケイ酸塩入りのものを使うようにしましょう。

洗面器にお湯を張り、汗染みのある部分に固形石鹸をつけて泡立てます。
洗濯用のブラシか使用済みのいらなくなった歯ブラシがあれば、汚れのついている部分を軽く擦ると、より汚れが取れやすくなります。
注意すべき点として、強く擦ってしまうと生地が傷んでしまいます。優しく擦るようにしましょう。

この作業を汚れが薄くなるまで繰り返します。
どうしても薄く残ってしまった汗染みは最後に塩素系漂白剤をお湯に溶かして、1、2時間浸け置きしておきます。
これで、ほとんどの汗染みをキレイに洗濯することができます。
抑えておきたいコツとしてお湯の温度です。
温度が低いと洗濯の効果は落ちてしまいます。
50~60℃を目安にしましょう。
作業服の色によっては漂白剤を使用すると色落ちしてしまうものもありますから、ご自分で漂白剤を使っても良いかどうかを判断するようにしてください。


なかなか取れない鉄さび汚れをキレイに洗濯するコツ

鉄工所などの工場で働いていると気になるのが作業服についた鉄さびなどのなかなか取れない汚れです。
洗剤をつけて擦っただけではなかなか落ちてくれません。
鉄さびをキレイに洗濯するコツは食器洗い用の洗剤と台所にあるお酢を使用することです。

洗剤をつけてしまう前に、まず作業服についた鉄さび汚れを水だけで擦り洗いします。
鉄さび汚れが薄くなるまで何度か繰り返しましょう。
もうこれ以上は落ちないというところまで洗えたら、汚れのある部分に食器洗い用の洗剤とお酢を染み込ませ、揉み洗いをします。
洗濯用のブラシか使用済みでいらなくなった歯ブラシがあれば、洗剤とお酢を染み込ませた部分を軽く叩くようにして汚れを浮き上がらせるとより効果的です。
汚れが薄くなるまで何度か繰り返しましょう。

それでも薄く残ってしまった汚れは酵素系漂白剤を直接汚れが残っている部分に染み込ませて規定の時間放置します。
漂白の時間をきちんと守り、水で洗い流します。
漂白しても色落ちしないかどうかはご自分で判断するようにしてください。
目立たない場所で試してみてから使うと良いかもしれません。
これでほとんどの鉄さび汚れはどこが汚れていたのか分からなくなるくらいまでキレイに洗濯できます。


頑固な泥汚れをキレイに洗濯するコツ

土木系の仕事をされている方の悩みの種は作業服についた頑固な泥汚れです。
泥汚れのあるものと一緒に洗濯すると、タオルなどの他のものも茶色くなってしまったという経験をされたことのある方は少なくありません。
泥汚れは水に溶けない不溶性の汚れと言われています。
そのため洗剤や漂白剤ではキレイに汚れを落とすことができません。
泥汚れに効果があるのは固形の洗濯石鹸です。

泥汚れをキレイに洗濯するコツは、作業服の繊維に入り込んだ泥や砂を掻き出すことです。
ですから泥のついたまま浸け置き洗い、という方法は逆効果で、作業服の繊維の奥まで泥や砂を入り込ませてしまいます。
まず、洗う前に泥汚れのある作業服を干して乾かします。
そうすることで作業服についている泥を取りやすくします。
乾いた作業服をパンパンと叩いて表面についた泥を取ります。
その後で洗濯用のブラシを使って繊維の奥に入り込んでいる泥を掻き出します。

ある程度泥が取れてから、水にぬらして洗濯用の固形石鹸をつけて泡立てます。
よく泡立てた後、更に洗濯用のブラシで繊維の奥の泥を掻き出すように擦ります。
これを何度か繰り返すことで頑固な泥汚れのほとんどをキレイに洗濯することができます。

作業服に付く汚れには、水溶性のものや油溶性のもの、不溶性のものとあります。
汚れの種類によって、同じ頑固な汚れでも汚れを落とす方法は異なります。
作業服に付いてしまった汚れの種類を見極めて、作業服をキレイに洗濯するコツを掴みましょう。



ガイドメニュー