2016/12/07 作業服店が在庫を持っていないワケ

作業服を販売しているネットショップの多くは、卸売りの体制をとっています。
というのも、元々、地域の企業や工場に各メーカーの作業服を提案・提供していた商社が、時代の流れに伴ってウェブ上でも販売を始めたというパターンが多いため。

それはつまり、自社では作業服の在庫を持たず、顧客からの注文を受けてからメーカーに発注していることの理由にもなります。

そうでなくとも、ネットショップにおいては、常に在庫を持っている必要がないというのは運営者にとってはメリットと言われています。
その理由は、店舗販売とは異なり倉庫などがいらないため。
ネットショップなら商品の陳列はウェブ上に表示させるだけになり、同時に在庫のための倉庫を持たないようにすれば、事務所だけでの運営も可能になります。
倉庫が必要なければ、税金や修繕を含む管理費も、管理するための人材、及び人件費もかからず、コストが抑えられるというわけです。

作業服の場合は、どのネットショップも複数のメーカーのものを取り扱っていることでしょう。
何故なら、メーカーによって得意としている作業服のジャンルなどが異なり、また顧客や業種によって求められる商品が異なるため。

複数メーカーの作業服を取り扱うとなると、なおのことより多くの商品を取り扱うことになり、その他トップスやボトムスの種類、カラーバリエーション、サイズ展開などなど・・・
一般的なアパレル商品との違い(=作業服の特徴)による商品の多さが、結果的に在庫を持つことを不可能にしているとも言えます。

在庫を持たない卸売り。

ネットショップにとってはメリットであろうこの体制。
しかし、お客様にとっては逆にデメリットであると考えられるのではないでしょうか。

例えば、急遽人員が増えたため。
傷んだ作業服の買い替えに。
天候急変に合わせて防寒のため、或いは熱中症対策のため・・・などなど。

こと作業服というものは、急いで取寄せたいというお客様が多いものなのです。

そんなところ、ネットショップが在庫を持っていないと、注文からお客様の手元に届けられるまで、どんなに早くとも3日はかかるでしょう。
どのネットショップでも数日を要することは明記していますが、ご不便をおかけしているだろうと心苦しく思っている筈です。

よっぽど売れ行きの良い商品であれば、種類を限定して在庫を持っている場合があります。

例えば、バートルの新商品。
作業服は社内でユニフォームを揃えるという理由から、新商品よりも既存の作業服が求められることが多いのですが、バートルに限っては新商品も注目されています。
バートルは毎シーズン新たなタイプの“カッコイイ”作業服を生み出すので、常に注目しているファンもどうやら少なくないよう。

もちろん、新商品以外の作業服、またバートル以外の作業服も、在庫を持っているショップはあるでしょう。

ただ、秋冬物なら冬が終わるまで、春夏物なら夏が終わるまでに完売できなければ、残った商品はメーカーへ返さなくてはなりません。
商品によっては買い取る必要がある場合もあります。
買い取り、或いは返品の送料などをなるべくかけたくない・・・というのがショップの本音でもあります。
(来シーズンまで在庫しておくにも、スペースが必要になり、また来シーズン売れるとは限りません)

何処まで行っても、コスト削減は重要な課題なのですね。

バートル BURTLE 6072 カーゴパンツ/富山県高岡市キンショウ


作業服・空調服・防寒着 キンショウ|富山県高岡市
富山県高岡市から全国に向けて絶賛販売中!

【作業服販売のことなら、何でもご相談ダイヤル】
TEL 0766-24-4465 平日9:00~17:00(土・日・祝 休み)

金商株式会社
 〒933-0804 富山県高岡市問屋町212
 TEL 0766-24-4465 (代) FAX 0766-21-4908
 E-Mail shop_info@kinsyou.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.kinsyou.com/blog/all/%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e6%9c%8d%e5%ba%97%e3%81%8c%e5%9c%a8%e5%ba%ab%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%af%e3%82%b1/trackback/